« 怒り顔の描き方 | トップページ | 怒り顔の描き方3 »

2006年11月28日 (火)

怒り顔の描き方2

今回はフォトショップ上で前回のものをチラッといじってみました。ほんとにちょっとしか変わってませんがw
C15 まず左のは前回のより瞳を据わらせ(瞳孔の下に白目のスペース)、虹彩を消し、瞳孔を猫っぽく縦長にしたものです。そして右はそれから眉と目の間隔を狭めました。

む~ん。。。どうなんでしょ?自分的には前回のが「うぉら~~!!」的な奇声を上げてるとしたらこっちは「あんだよ~!!」的だな、と。・・・・わかりにきぃよwww自分だけの感覚なんでしょうね、きっと。

まぁ、極端には変わってないので俺以外の方に変化が伝わってるか微妙なところではありますが俺なりに感じた変化としては前回のは怖さはないものの感情の上がり方は前回のほうが出ているような気がするし、今回のは怖さというか冷たさが増しているような気がしています。で、眉の間隔が狭いとさらにそれが増しているような。

なぜそう感じているのかとなると前回のは瞳孔が比較的大きく、目が据わる度合いを抑えることでまっすぐ前を見てる感じがあり、瞳が通常のライトのように視界が扇形に広がっている感じがあるとでも言いましょうか。

一方で今回のは目の据わらせを高めることで前を見ているといってもやや上のほうを見てるような感じを受け、ライトではなくレーザー光線のような視線で相手を見ている印象です。で、眉が狭まるとそれの度合いが高まると。ピントを絞るような効果があるのかもしれませんね。

とりあえずは今回はこれまで、次回はどんないじり方が出来ましょうかね。。。

漫画考察 -漫画の描き方を考える-

|

« 怒り顔の描き方 | トップページ | 怒り顔の描き方3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/4346966

この記事へのトラックバック一覧です: 怒り顔の描き方2:

« 怒り顔の描き方 | トップページ | 怒り顔の描き方3 »