« 後姿トレース3 | トップページ | 正面の構図の特徴 »

2006年11月11日 (土)

正面の構図について考える

後姿のトレースはホムペのほうに上げました。ま、途中工程のと大差ないんですが。

で、今回は手の描き方について考えてみようか考えてたんですけど、ちょこちょこ写真を撮ってみて箸を持ってる写真なんかを軽くトレースして漫画上ではどこまで描き込むレベルが適切かとか妄言してみようとも思ったのですがトレースしましたのが下記の画像で正面な構図なんですが、箸を持たせてないってのもありますけど正直この絵では箸を持ってるなんて理解しがたく、理由は真正面からの構図というのは状況説明を表す構図としては不向きなのかもしれません。
Hand_1 では正面の構図はどのようなケースに用いられるかというと迫力・雰囲気を見せるシーンに多いと感じます。今回のような箸を持つ手であれば前頁最後に物を食べて斜め気味な構図で味わってるシーンから次のページで真正面の構図で「旨い!!」というような使い方でしょうかww

そんなわけで次回より正面の構図に対する効果的な表現とは何かって方について妄言していくことにします。

漫画考察 -漫画の描き方を考える-

|

« 後姿トレース3 | トップページ | 正面の構図の特徴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/4152780

この記事へのトラックバック一覧です: 正面の構図について考える:

« 後姿トレース3 | トップページ | 正面の構図の特徴 »