« 怒り顔の描き方4 | トップページ | 服の描き方。 »

2006年12月 6日 (水)

怒り顔の描き方5

怒り顔の描き方は今回でとりあえず最後です。あとはちょろっといじってホムペにあげることになります。
C18_1 で、現状のは左記の絵になります。ま、効果としては中央に陰影をつけるというオーソドックスな雰囲気作りな分けですが怖いですかね?最初、この絵に瞳孔入れた瞬間は気持ち悪かったんですがいじり続けてたら、別にって感じで。。。皆様にはどう映っていることやら。一応、虹彩を瞳だけでなく白目の部分にもかぶせることで陰影の中からギラリと光るって効果もあるのかなーと思ってやってみました。

あたりまえながら、これ色ついてるので従来の漫画の白黒ではどうなんだろうってことで、グレースケールにして見ました下にあるのが、それです。最初のはトーンかなり使いそうですw。で右のは陰影を取っ払って目と口だけにトーンを使うような格好ですが、意外と雰囲気はありそうな。。。少なくとも通常時との差別化ははかれそうです。絵を描く人は目と口だけにトーンを試してみてはいかがでしょうか。
C19_1 C20_1

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« 怒り顔の描き方4 | トップページ | 服の描き方。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/4449963

この記事へのトラックバック一覧です: 怒り顔の描き方5:

« 怒り顔の描き方4 | トップページ | 服の描き方。 »