« 正面の顔の描き方6 | トップページ | 正面の顔の描きかた8 »

2007年4月24日 (火)

正面の顔の書き方7

今日は前回、正面の顔を新たな描き順でやってみた第一工程です。
C30_1 目から描き始めてる訳ですが、あらかじめやや下に長い逆三角形のアタリを描くようにしてみました。逆三角形を描くことにより目の距離感を決めると共に、目の幅と目そのものの幅は大体同じぐらいの人が多いので両目の距離感を決めるイコール眼の大きさも決められ顔そのものの大きさを決める指針にもなりえるのではないかと考えた次第です。

ちびちび更新ということで今日はここまでw
次回は下の尖った部分と鼻の兼ね合いについてです。

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« 正面の顔の描き方6 | トップページ | 正面の顔の描きかた8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/6200384

この記事へのトラックバック一覧です: 正面の顔の書き方7:

« 正面の顔の描き方6 | トップページ | 正面の顔の描きかた8 »