« 泣き顔・困った顔の描き方3 | トップページ | 泣き顔・困った顔の描き方5 »

2007年5月20日 (日)

泣き顔・困った顔の描き方4

C37 今回はしょんぼり程度の困り顔、意気消沈な感じの顔を描いてみました。で、目が伏し目バージョン。伏し目を描くには上の目のラインをアーチ状にはせずに平坦にするか逆アーチのラインにして眉との間隔を普段より広めにすることでそれっぽく見えるとは思います。

しかし、こうして困り顔の顔いくつか描いてみてますが、いまいちまとめてテキストに出来そうな雰囲気がありません。とりあえずいくつかのパターンを描いて上げる位しか出来なさそうですねぇ、今の段階では。やはり感情を伝える表情は難しいようです。

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« 泣き顔・困った顔の描き方3 | トップページ | 泣き顔・困った顔の描き方5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/6488338

この記事へのトラックバック一覧です: 泣き顔・困った顔の描き方4:

« 泣き顔・困った顔の描き方3 | トップページ | 泣き顔・困った顔の描き方5 »