« 泣き顔・困った顔の描き方4 | トップページ | 泣き顔・困った顔の描き方6 »

2007年5月22日 (火)

泣き顔・困った顔の描き方5

今回はおさらいとしてホムペ用に上げる画像作りました。
1
2_1
まず一つの画像の左側は目も変形させて目尻側の上のラインも下げ気味なのと右はごく普通のままの瞳の状態です。そして、上の画像が逆ハの字の眉で下の画像がちょっとわかりにくいかもしれませんが逆アーチ状の眉です。それぞれの画像をアニメーションGIFで眉と目の間を広げたり狭めたりしてます。

とりあえず個人的な見解としては目の形も変形させたほう、眉と目の間隔が狭いほう、そして逆アーチ状のほうの順に困ってる感じの強さは強まっていると思います。困った顔も怒る顔と同様目と眉の間隔を狭めたほうが感情はこもりやすいようですね。

とりあえず瞳編の基本はこんな感じでしょうか、次回以降は口の形でどう変わるかとかやってみます。

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« 泣き顔・困った顔の描き方4 | トップページ | 泣き顔・困った顔の描き方6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/6515283

この記事へのトラックバック一覧です: 泣き顔・困った顔の描き方5:

« 泣き顔・困った顔の描き方4 | トップページ | 泣き顔・困った顔の描き方6 »