« リハビリ | トップページ | 全身の描き方・アタリを探る2 »

2007年8月20日 (月)

全身の描き方・アタリを探る

適当に好きな落書き描こうと思ったらよくよく見ると前の落書きの人物の角度具合って何気に上半身の遠近感描写が面倒くさいから気軽に描けないw

しょうがないので改めて全身の基本的な構造でも頭に叩き込もうかってことで、アタリのつけ方やらなんやらを今後考えてみようかと思います。
C46 まずはアタリを特につけずに描いた全身ラフ。唯一女性のバストラインは鎖骨の真ん中の位置辺りを頂点とした三角形をアタリにしてはいます。

う~ん・・・どうなんでしょ?手の形などは今回は重き置いてないので変云々は置いておくとして、腕の曲線ラインが微妙に変とかってところですか?あと女性側は内股を強調したせいか地に足がついてる感じが薄いとか。

まぁ、検証は改めて写真とか見て考えていきます。

漫画考察 - 漫画の描きかたを考える -

|

« リハビリ | トップページ | 全身の描き方・アタリを探る2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/7614114

この記事へのトラックバック一覧です: 全身の描き方・アタリを探る:

« リハビリ | トップページ | 全身の描き方・アタリを探る2 »