« 全身の描き方・アタリを探る | トップページ | 全身の描き方・アタリを探る3「肩幅の設定」 »

2007年8月23日 (木)

全身の描き方・アタリを探る2

C47 全身を描く第一歩として描くのは私の場合肩幅なんですがまずは肩幅を測るアタリを考えてみました。

とりあえず複数の写真などを見ていると横の画像に描いてある三角形で結べる感じが多かったのでその法則にしたがって肩幅を決めてみたんですが、正直ややガッシリしていないか?と思うのです。でも写真の女性たちは実際こんな肩幅です。では本物の人間の女性はガッシリして見えるかというとそうでもないわけで。

じゃぁ、何でガッシリして見えるのかというとほとんどの漫画の絵は大抵ディフォルメして描かれていて、私の絵も例外ではないから顔のディフォルメに対してこのアタリの取り方だと肩だけ妙にデッサン度が上がり変に見えるのではないかと。

だからきっとホームページに書いてる正面の描き方とかも眼が大きいアニメ絵度全快の画風だとこれもまた通用しないのかもしれません。

なにより、このアタリの取り方じゃ首をかしげたり、すくめたりしたときではアタリが取れないんですよね。次回までにもうちょっと応用のききそうなアタリの取りかたを見つけられたらいいなと思います。

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« 全身の描き方・アタリを探る | トップページ | 全身の描き方・アタリを探る3「肩幅の設定」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/7649088

この記事へのトラックバック一覧です: 全身の描き方・アタリを探る2:

« 全身の描き方・アタリを探る | トップページ | 全身の描き方・アタリを探る3「肩幅の設定」 »