« 雰囲気のある起き上がり方 | トップページ | 雰囲気のある起き上がり方3 »

2009年4月24日 (金)

雰囲気のある起き上がり方2

Huy 今回は前回より、もっと頭を下げてみました。気持ち悪い起き上がり方としては悪くない上半身と思います。そもそも起き上がる行為で雰囲気があるようにとか、見せ場っぽい描写のときって主人公側であってもピンチの最中とか汚れてきな状況のケースが大半でしょうから気持ち悪そうだったり泥臭い起き上がり方が表現できたらそれはそれで問題ないでしょうし。

どうも雰囲気ありそうな起き上がり方ってのは支点をそのまま上に向けたほうがいいんでしょうか?普通の起き上がりって腰が支点で足が始点となって頭が作用点として起き上がる感じと思いますが今回の絵は腰・背中をそのまま起き上がらせて、頭は下げたままです。・・・・・生まれたての小鹿子馬かっつうのw

そろそろ、ホームページに載せられるような絵柄にまでもっていきたいんですがどうなりますか。。。あわよくばテキストにまで流用できる思考が浮かべばいいんですがw

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« 雰囲気のある起き上がり方 | トップページ | 雰囲気のある起き上がり方3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/29266412

この記事へのトラックバック一覧です: 雰囲気のある起き上がり方2:

« 雰囲気のある起き上がり方 | トップページ | 雰囲気のある起き上がり方3 »