« 雰囲気のある起き上がり方6 | トップページ | 雰囲気のある起き上がり方8 »

2009年5月29日 (金)

雰囲気のある起き上がり方7

Up2 今回はバッタリと倒れて起き上がる初動のポーズで構図を数パターン作りました。「正面」「真横」「斜向かいで水平気味」「俯瞰(ふかん)」の構図で描いてます。

正面だけ顔を上げさせたんですけど「起き上がる状態を表す」という意味ではやっぱり顔を上げた方が適切なようです。頭を下げたままではこのポーズでは倒れこんだままのイメージが強いです。

雰囲気を持たせられそうな構図としては「斜向かいで水平気味」の構図がこの中なら一番でしょうか?正面は呼ばれて「何?」とリアクションしてるみたいですし、真横・俯瞰はガッカリって状態のほうが近いのかなと。斜向かいだけがとりあえず「やられた~」というばったりと倒れてからの初動の動きの構図としては許容範囲かと思います。より上手くデッサンを壊していけるともっといい感じになる可能性もあるのかなと個人的には感じてます。

次回は熱血バカな起き上がりの基本を探してみます~

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« 雰囲気のある起き上がり方6 | トップページ | 雰囲気のある起き上がり方8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/29849330

この記事へのトラックバック一覧です: 雰囲気のある起き上がり方7:

« 雰囲気のある起き上がり方6 | トップページ | 雰囲気のある起き上がり方8 »