« リハビリ | トップページ | 構成角度で見る作品感想文2 »

2010年7月 2日 (金)

構成角度で見る作品感想文

自分の絵の練習しつつ、人様の作品感想でも述べて更新ネタにしてみようかといった矢先に新PC導入のための準備でスキャナが遠い場所にいってモチベーションが思い切り下がってますwアナログ段階はそこそこやってるんですが。。。

とりあえず作品感想だけでもやろうってことで最初は動画探してたんですが公式的なので適当なのが見つからなかったのでWEBコミックのほうにしてみました。漫画の描き方について考えるんだからこっちがむしろ妥当だったのになぜ思いつかたなかったんでしょう。。。

とりあえず今回読んでみたのはクラブサンデーの読みきりカテゴリ内にあった『嗤う疫病神』 という作品。いつまで公開されてるかわかりませんので読む方はお早めに。

ストーリー概要としては「負」の属性を抱えるヒロインが友人の生命のピンチに助ける方法として主人公よりその友人と同様のものを失うことで友人は助かるといういまどき流行な(?)「等価交換」を提示されるもののヒロインにとっての友人とは唯一無二の価値であるため友人の生命は助かってもヒロインにとっての友人としての存在価値は失う(明確な喪失条件はあいまいなまま)ということが確認されヒロインはどのような選択をしていくかというのと思われます。

まず冒頭から私なりの解釈をしていくと出だしは既にことが及んでいる「最中の出だし」となります。1ページ目のコマ割りも通常のものとは異なり、この方の頭の柔らかさが伺えます。

そして具体的に起承転結の「起」が始まり友人は呪い的なものを受け生命のピンチであることを告げるわけですがここでも既に事は起きている「最中の表現」となります。

現実思考ですとそんな非現実的なことをあっさり受け入れていいのという感想もでそうですがこの作品の焦点はヒロインの行動(思考)であるのならば、構成としてはなんら問題ありません。非現実的なことに説得力を持たせるには説明的だったり冗長的になりページを多くもっていかれ作品のスピード感もなくし「つまんねー・なげー」と読者に読んでもらえる確率を下げそうです。個人的には「ありえねー」と感想を思う人の方がまだ読み進める可能性は高そうと思っています。

実際この作品は6ページほどで「起」を終らせスピード感を維持しています。

次回は「承」あたりの展開を私なりの解釈してみようと思います。それまでに掲載が残っていればいいですがwwwなんか一ヶ月あたりで消えそうなんですけどww俺の更新スピードではきわめて微妙です。。。

|

« リハビリ | トップページ | 構成角度で見る作品感想文2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/35600832

この記事へのトラックバック一覧です: 構成角度で見る作品感想文:

« リハビリ | トップページ | 構成角度で見る作品感想文2 »