« キャラクターにかかるダーク系効果表現3 | トップページ | 笑顔の描き方:基本属性1 »

2010年9月20日 (月)

キャラクターにかかるダーク系効果表現4

Odo4 ん~。。。どうでしょうか?前回よりある程度、目のほうへ視線はが向かいますかね?元素材のでかい状態だとある程度違う雰囲気は感じられるのですが、縮小バージョンだといまいちかも。冷静に見れば陰影のない小指に目が行きそうだしwまぁ前回よりかは上がってるとは思うデス。

前回からの違いは「顔の外側の陰影をより濃くした」「目の縁により陰影をつけた」「口の中も塗りたした」「目の虹彩を変更」あたりが代表的なものです。

その中で個人的に効果を上げたなと思ったのは地味ながら口の中を塗りたすというものw光源を下側に設定したものだから当然顔の下側は明るめなものと思い込ん落とし穴でした。

そしてもう一つは目の縁の陰影の塗りたしなんですが、従来のホームページテキストに書いてある眼力のあるキャラの要素に加え、眼球にも陰影をくわえました。暗い中で目に焦点当てるなら白目の部分は当然白くて良いものと思ったんですが、陰影を加えることで虹彩の白に焦点が行く確率が高くなっている気がします。少なくとも効果線とかを加えた方などはより虹彩の白が、ただ暗闇の中のタイプよりかは浮きだってみえますよね?

で、効果自体は線状のものはやはり動的な表現をプラスさせます。対してノイズ的なほうは視線先の対象物に衝撃を受ける印象をあげつつも停止的な静の表現を維持するのかなという印象でした。

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« キャラクターにかかるダーク系効果表現3 | トップページ | 笑顔の描き方:基本属性1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/36841225

この記事へのトラックバック一覧です: キャラクターにかかるダーク系効果表現4:

« キャラクターにかかるダーク系効果表現3 | トップページ | 笑顔の描き方:基本属性1 »