« 笑顔の描き方:基本属性2 | トップページ | 横顔を描く上で最適なアタリを模索する »

2010年11月15日 (月)

笑顔の描き方:基本属性3

Smlie3 笑顔基本属性の微笑編です。

個人的な微笑みの描き方の前提としては、基本属性1のような完全な糸目にはしないで、目を細めます。絵柄的に糸目でにっこり笑顔も微笑も表現する場合は、眉毛と目の距離をニッコリ型は離し、微笑みは近づけるようなことで差別化をはかる感じでしょうか。

ただし、目から上のパーツを上げるのは同時に抑揚感も付加する雰囲気を持つなぁと、個人的には感じています。

ニッコリ型のときにも言ってますが実物の筋肉の動きだと頬の筋肉が上がるので絵の感覚で言うと目の下側のアーチが上がることになり、添えてる2カット目のアニメーションGIFがそれなんですが、目を下げた3カット目に比べると抑揚感は残っている感じですよね。

穏やかさの表現を重視するのであれば、やはり目・眉は従来の真顔の位置よりも下げた配置にしてもいいんではないか思います。

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« 笑顔の描き方:基本属性2 | トップページ | 横顔を描く上で最適なアタリを模索する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/37676908

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔の描き方:基本属性3:

« 笑顔の描き方:基本属性2 | トップページ | 横顔を描く上で最適なアタリを模索する »