« 笑顔の描き方:基本属性3 | トップページ | 横顔を描く上で最適なアタリを模索する2 »

2011年3月 3日 (木)

横顔を描く上で最適なアタリを模索する

わー・・・これがブログ今年初更新ですか。。。なかなかひどい有様ですね。

今回は久しぶりに横顔の描き方を編集してみようかなと。現状では卵形を傾けたアタリを提案している感じですがやはり●・▲・■の図形でアタリは取れたほうがわかりやすいだろうという事で模索してみます。

とりあえず他の方の描き方解説など見てるとやはり●に十字線でアタリを取り中央には耳の上側の付け根という描き方が圧倒的です。大抵、鼻の先はこのアタリから出て顎はデフォルメ度が高いとアタリ内に収まり、デッサン性が上がるとアタリからはみ出します。

現実の人物の横顔写真にこのアタリを重ねてみると逆に顎はほとんど出ますが鼻は納まる人もいれば出る人もいました。上手く描けてる人はそれでいいのでしょうけど、正直精度としていいアタリなのかと思ってしまいます。
そこで私なりに考えたのが■のアタリでした。次回以降絵を絡めつつ進めてみたいと思います。

漫画考察 - 漫画の描き方を考える -

|

« 笑顔の描き方:基本属性3 | トップページ | 横顔を描く上で最適なアタリを模索する2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/39089625

この記事へのトラックバック一覧です: 横顔を描く上で最適なアタリを模索する:

« 笑顔の描き方:基本属性3 | トップページ | 横顔を描く上で最適なアタリを模索する2 »