« 横顔を描く上で最適なアタリを模索する4 | トップページ | 落書き »

2011年4月21日 (木)

キャラクターの体格・世代によって効果的な誇張を模索する

前回までの横顔のアタリをいろいろやってたとき、子供は「口が小さくて耳を大きく」彫りの深い人は「耳を小さく・口を大きく」それぞれしたほうがよりそれっぽくできるんじゃないかと感じたので改めて普通の角度で描いてみました。

Kakiwake


Kakiwake2

リーゼントの人は「口も耳も小さい」「口も耳も大きい」「口大きく耳小さい」バージョンで描いてます。対して子供は『普通の耳・口」「小さい口・大きい耳」タイプで描いてみました。

リーゼントの人はやっぱこの3タイプでは「耳小さい・口大きい」一番しっくり来るなと個人的には思います。子供については耳の効果はそんなに出てないかもしれないですけど口が小さいほうがしっくり感は悪くないですよね。耳も横顔のときではちゃんと効果も感じられはしてたのですが。

少なくとも口については剛・強といったイメージならでかく、繊細・弱といったイメージなら小さくというのはアリみたいです。

なもんで他にもキャラクターの体格・世代によってどこかを強調したほうがよりらしく見えるものはあるかなってのをやってみようと思います。

超見切り発車なので途中で終わるかもしれませんがw

漫画考察 -漫画の描き方を考える-


|

« 横顔を描く上で最適なアタリを模索する4 | トップページ | 落書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75209/39702335

この記事へのトラックバック一覧です: キャラクターの体格・世代によって効果的な誇張を模索する:

« 横顔を描く上で最適なアタリを模索する4 | トップページ | 落書き »